A14-endure.jpg

14

節制

調整・中庸・倹約・ 管理

人馬宮

 

【正位置】

調和 自制 節度 献身

 

【逆位置】

浪費 消耗 生活の乱れ

【Synonyms:同義語】

countenance:見かけ、顔の表情
顔つき、顔色、容貌ぼう

experience:具体的な経験, 体験

withstand:抵抗する、逆らう、よく耐える

encounter:遭あう、直面する、立ち向かう

tolerate:習慣, 行為などを許容[黙認]する、大目に見る

accustom:慣らす、習慣づける

support:支える

【Related Words:関連語】

abide:居残る

bea:支える、耐え る

brook:細流

digest:消化

put up:仕組まれた

stand:立っている, 止まっている

stay:そのままでいる

sweat:汗をかく、骨の折れる仕事、苦役

take:取る、選ぶ、取り込む、受け入れる、 保持する

tough:折れない, 堅い, 強い, 破れ ない

bearing:がまん, 辛ぼう, 忍耐

suffer:苦しむ, 悩む

brook:~を我慢する, 許す

bullet:弾丸, 銃弾

Major Arcana

忍耐 endure

困難・苦痛・疲労などに耐え抜く 持ちこたえる 耐える 我慢する 辛抱する 許す 許容する 生き 抜く 続く 持続する

忍耐力を通じて苦難を乗り越え、難関から脱出を目指 すことと、自虐的であることは別ものです。

 何かに対して、忍耐力を求められる状況が現れるかも知れませ ん。今の自分の精神性の中に、耐える力、我慢強さがどれくらいあるか振り返ってみましょう。

 困難に立ち向かう時に重要なのが、自分の中の許容量と、忍耐強さ。

 今までの、辛い経験、切り抜けるのが難しかった状況などの中で、自分の忍耐力が、どのように働いたかを省みるのです。

 心の余裕や視野の広さ、地に足をつけて、何かを しっかりと受け取め、支えることができる、許容量の大きさなどを振り返ってみましょう。

 忍耐力を通じて努力を行わず、いとも簡単に物事を諦めてきましたか?

 どのような状況でも歯を食いしばって耐えて来ましたか?

 忍耐力は自分の中の許容量の大きさや、心身の強さ、自制心、献身の度合いなどの現れです。

 心の広さと、技量によって、受け取る幅や、深さは、良くも、悪くも、大きく違ってきます。

 また、人間関係の中でも、気の長さや、短さで、相手との関係性のバランスは大きく変わります。

 気が短く、相手に対する許容量が狭ければ、様々な衝突からの問題が頻繁に浮き上がってくるでしょ う。心の幅が広く、許容量が大きくて忍耐力が高ければ、目の前の問題を上手に解決することができきます。

 忍耐力は顔の表情にも現れます。気の短い人は、苛々や、怒りがスグに顔に出て、心の余裕がある人、許容量の大きな人は、穏やかさや、優しさが放たれてい ます。

 忍耐力にも、ポジティブな結果を生むものと、そうでないものがあります。打たれ強い場合は、必要以上に耐えすぎて、結果的 に自分を深く傷つけることにも繋がります。ただ打たれ続け、痛 めつけられ続けるだけでなく、それを上手く交わすという、守りの技術も必要です。

 状況によっては、忍耐を通じて、しがみつかないことも大切なポイント。自分の努力や、忍耐力を、無駄な努力として終 わらせないために、どれだけ速く諦めるかという見極めの力、引き際を心得る力も重要です。

 ただ耐え続けて現状が変わらない場合は、耐え忍ぶことが無駄足に終わってしまいます。

 忍耐力と共に働くのが客観性。

 絶えず冷静であることに努め、自分の忍耐力の限界を含めて、周 囲の状況を的確に知っておくことも大切です。