あなたもメタヒューマンになれる世

 以前から友人たちやクライアントさんたちに「それは、まかウラさんだから」という風に言われ続けてきました。


 その度にわたしは言い続けています。


 いいえ、そんなことはありません。


 わたしとあなたは然程は変わりません。


 人間ボディーの基盤はほぼ同じです。


 違いは、わたしは多くの方々が知らない、エソテリック・秘教的なことや、エネルギーのこと、その仕組みや構造を学んで、知っている、体得しているからです。


 なので知っているか、知らないかの差なだけ。


 知って、覚え、練習して体得すれば、さほど年数をかけずとも、技量的には同じくらいの力量になれます。


 そう言っても、脳習性が自動的にフィルターをかけ、言われているこが理解できない、思考が停止している、言葉がプロセスされず、右から左に通り抜けていきます。


「ライトボディーアクティベーション」


 例えば、異星人さま遠隔ヒーリング+ライトボディーアクティベーションの録音シリーズに至っては、わたしが30年かかって到達した機能レベルに、およそ半年間から一年未満で到達してしまう方々が続出しています。


 その理由は、わたしの過去30年間に渡って蓄積されてきた情報、すでに消化された情報が徐々にライトボディーに転写されるからです。


 なので30年間近く色々と勉強し、人生を捧げて修練・鍛錬しなくても、早くて半年で、同じくらいの機能性に到達できるのです。


 異星人さま遠隔ヒーリング+ライトボディーアクティベーションは、毎日コツコツと1日一回再生し続けるだけで進んでいきます。


 これは頭で聞いて理解する世界ではありません。


 体に聞かせ続けるという世界です。


 一般的に、30、60、100、120番台過ぎたところでブレイクスルーを迎え、さらに進化し続けます。


 普通なにかを学ぶ時は、「先生に会って、話を聞いて学ぶ、習得する」のが一般的です。


 なので、話を聞かずに、しかも、録音されたものを再生し続ける、しかも、頭ではなく、体に聞かせるという発想が駄目な模様なのです。



 頭で聞いてわかった気になる時代を、パラダイム転換してしまいまいましょう。



 頭で理解することでアセンションなり、悟りと覚醒に至れるのであれば、全人類の大多数はもうとっくにアセンションなり、悟りと覚醒に到達しているはずです。



 要点は、頭で理解しようとするから到達できないのです。



 頭の理解は頭の中だけにとどまり、全体性、総体性にまで行き渡りません。


 なぜなら、人間ボディーは全体で動くものだからです。


 頭以外のところ、主に感覚機能に頭で覚えたことを落とし込めると、肉体レベルで発現できるようになります。


 これを「身にまとう」「体で覚える」といいます。


 頭は操縦部門で、その他の肉体部位が動かす・現す部門と覚えましょう。


 頭でピアノの弾き方を覚える、わかることはできますが、実際にピアノを弾く練習をしなければ上達しませんよね?


 ヨガのポーズは頭で記憶できますが、実際に体を動かして、体を通じてエクササイズしないと体は変化しませんよね? それと同じことです。


 人間ボディーは、肉体レベルと、各種エネルギー層、オーラの層、ライトボディー=意識の身体の層などと連動しています。


 それらの領域が変化することで変容が進んでいきます。


「わたしは素人なおばあちゃんなんですが、(60歳代で自分のことを、おばぁちゃんというのは早すぎると思いますケド)そんなわたしでもできるでしょうか?」とお問い合わせがあり、「大丈夫だと思いますよ、年齢や才能、経験とは関係ないので、地道に歩けば追いつけると思います」とお答えしました。


 その後おばあちゃんは地道に再生をとても丁寧に繰り返し、1日一回分ではなく、一回分を数日かけて消化し続けました。


 そしてETトークの中で、自分でもエネルギーダウンロードを遊びながら実験してみてくださいという話を聞いて、「自分でも天使の波動を下ろせるでしょうか?」という質問を送ってきました。


「たぶんできると思いますけど、やってみないとわからないことは、やってみないと答えがでないので、まず挑戦してみましょう」と返答しました。


 その後に、ちゃんと天使の波動をダウンロードできてしまったので、驚いたようですが、色々と楽しんで実験していると返事が来ました。


 さらには、友人にも遠隔で送ってみた結果、ちゃんと届いたようですと報告が届きました。


 同じような方々がチラホラと登場し、こういう世界が一気に面白くなったとお知らせが来るようになりました。


 コロナ渦になってから、シアトルのアメリカ人男性の友人が「もっとレイキを突き詰めたいから、zoomクラスで教えてくれませんか?」とリクエストが来たので、「はい、そうしましょう」と週一で2時間クラスを始めました。


 わたしはSkypeが登場した頃から、Skypeで、ホノルルやシアトルに住んでないクライアントさまと遠隔セッション+クラスを始めていたので、コロナ渦になってからzoom世界が普通になったのは素晴らしい展開だと思います。


 なぜなら、コロナ渦以前は「わざわざハワイに会いに来なくても、Skypeで遠隔セッションできますよ」と言っているのですが、「会わないとできない」と思っている方がほとんどだったからです。


 特にヒーリングに至っては「エネルギーヒーリングは対面でしかできない、テーブルに横になって、手を当てられないとできない」という思い込みがあり、遠隔ヒーリングそのものがわかならい、遠隔で可能だということがわかってない方がほとんどでした。


 今のコロナ渦の中で、お話メインのzoomクラスやセミナー、ワークショップは一般的になっています。


 遠隔ヒーリングはまだ少し敷居が高いようですが、それも時間の問題でより一般的になるでしょう。笑。


 レイキのzoomクラスの話に戻りますが、コロナ渦で実際に集まって練習ができないのでzoomになったわけですが、生徒さんたちは、いったいどいう風に進むのか見当がついてなかった感じでした。


 その理由は、会ってないから、手を接続できない、自分で自分に手を当てる練習? な感じに思っていたようです。


 わたしが開発したクォンタム・レイキのクラスは、元から遠隔施術に重点にして進んでいくので、ハンズオンのクラスではありません。


 レイキの4つの波動コンポーネント+ダブルレインボーを駆使した、遠隔技術の練習です。



 参加した生徒さんたちは、それぞれの家からzoom環境の中にいます。


 お互いを練習台にして多角的に遠隔レイキの練習を繰り返しました。



 ハンズオンはわかるけど、遠隔で受け取って感じれるの?


 遠隔で送れるの?



 これが普通の反応です。


 頭で理解したいのが普通なので、原理やら、理論やらも説明します。


 この部分も、人によっては内容が高度過ぎると消化できないので、「そういうものだと覚えてください」になります。


 次は実際に遠隔を交代しながら練習して、実際に練習を通じて体感する、感想をシェアし合う感じで進みます。


 なぜなら、頭ではなんとなく理解できても、体感しないと理解できないからです。



 体感を通じてリアルにエネルギーの動きや、熱、深さ、体の中で動きだす反応を感じることで、頭が本格的に理解し始めるのです。


 これが全体性、総体的な理解というものです。



 何事も教え方なので、教える技術の格差によって大きな違いが生まれます。


 生徒さんの中に、シアトルのアメリカ人女性からレイキを習った方がいて、その差の違いの凄さにびっくり仰天していました。


 どのようなクラスであれ、先生は知っていること、学んだことしか教えられません。


 知っている、習得していることをベストで教えるわけです。


 しかし、知らないことは教えられませんよね?


 なので、教える世界というのは、先生の知識と経験の量がものを言います。


 どのようなクラスであれ、学ぶ内容は「知識+技術」が中心です。


「知識+技術」を覚えるわけです。


 しかし、最も重要なのは、柔軟性、発見する力、発想の転換力、創造性を教えることです。


 なぜなら、「知識+技術」は覚えて練習し続ければ習得可能ですが、学んでない「知識+技術」の外側まで到達しにくいからです。


 習得した「知識+技術」をさらに洗練させる、それを基盤に発展させる、進化させる、成長させ続けるのに必要なものはなにでしょう?


 それは以下のような項目です。

・柔軟性


・発見する力


・発想を転換する力


・創造性


・実験する力


・アイデアの生み出し方


・視点の変え方


・既成概念の崩し方


・拡大する発想法

 これらを引き出すように進めていくと、変容が早くなります。

・発見する楽しみ


・柔軟性を高めるエクササイズ


・発想を変える練習


・視点を広げるエクササイズ


・実験する楽しさ

 どのような学びであれ、学ぶ行程が楽しくなると、アイデアが生まれやすくなります。


 

 あれもやってみたい! 


 これにも挑戦してみたい! 


 こういう風に変えたらどいうなるだろう?


 これとあれを合体させたらどうなるだろう?



 これらが体得できれば、学んだ「知識+技術」はアセンションし始めます。

 パラダイム転換というのは、頭の中の思い込みから出る、自分の箱の中からでることで始まります。

・新しいものを投入し続ける


・新しい体験を自分に与え続ける


・新しい何かを覚え続ける

 その基本は、自分の中で情報が増えるということですよね?


 いったい何が言いたいのか?


「それは、まかウラさんだから」という冒頭に帰ります。


 わたしがここまでこれたのは「それは○○さんだから」と区切らなかったからです。


 これまでいろんな職種、技能、地位、スピ系であれば、能力者や、サイキック、チャネラー、ヒーラー、スピーカーなど、多種多様の方々に会ってきました。


 幸いなことに、すごい方々と出会えてきたので、それはラッキーだと思います。


 これにも秘訣があります。


 どのような人であれ、相手を自分の中で転換しちゃうのです。笑

「凄い人だわ・・・!」自分勝手に「凄い人だわ・・・!」と転換して、そのように見るんです。

 わたしの興味は以下のようなものです。


・どうしてこういうことができるのだろう?


・どういう動機で今の姿になったのだろう?


・どうすれば、同じようなことができるようになるのだろう?


・自分とどこが違うのだろう?


・わたしが学べてないものは何だろう?


 端的に書いてしまうと、相手の中に「可能性」を見つけるようにしています。


「○○さんだから」という切り離しではありません。


「○○さんのようになれるかも?」


「○○さんのようになるためには?」


 そうなりたいか、なりたくないかは別の話ですけど。


 その次に登場するのが疑問符です。

 でもどうやって?

「どうすれば?」という部分は、方法論なので、法則がわかってしまえば、比較的に低いハードルで進んでいけます。


 前述しましたが、やってみないとわからないことは、やってみないと答えがでません。


 わたしは「突撃!」な人なので、突撃でいろいろと実験します。


 その難度がどうであれ、実際にやってみないと、それがどういうものなのか、わかりませんよね。


 挑戦してみれば、少なくと、簡単か、難しいかはわかりますよね。


 試験的に実践してみることで、大なり小なり何かはわかります。


 世の中には失敗を恐れる人もいますが、失敗してこそなんぼのもの。


「失敗を成功の元」にするには、失敗から何を学び、何を改良するかですよね?


 世の中で成功している人たちは、失敗という灰の中から生まれ変わった方々だと思いませんか?


 今回のお題目の「あなたもメタヒューマンになれる世」と、かなり掛け離れている感じがするかもしれません。


 メタヒューマンになる秘訣は「転換」です。


「転換」技術が次の段階の自分に至るための鍵なのです。


 自分をどのように転換させられるか?


 どうせ転換するのであれば、楽しく、ワクワク、驚き~! しかも楽チ~ン! な方がいいですよね?


 ということで、さらなる「転換ワールド」の中に進んでみたいと思います。

 アセンション=次元と密度が上昇していく中で同時進行するのが二極化現象です。


 簡単に説明すると、白と黒、右と左、善と悪、天国と地獄、戦争と平和、貧乏と金持ち、大会社と子会社、上と下、などと二方向に分かれていくようなものです。


 これまで二極化のバランスを保っていた中間域、中庸、ニュートラルな位置がどちらかに偏り始め、二極の中でシーソーのように揺れ始める、どちらかの方向へ引っ張られやすくなります。


 イメージ的に書くと、横直線の右がプラス、左がマイナス、その中間がニュートラルな中庸の地点。


 中庸の地点が左右に揺れるわけです。


 それと同時に、中庸の地点が上に引き上げられ、正三角形になることを目指します。


 しかし、左右の引っ張りでバランスが縦の上昇軸を揺らすので、中庸のポイントが理想的に上昇できません。


 この三角形は、カバラ思想の中の、生命の樹・アダムカドモンの上部三つのセフィロト、3つの叡智の実に対比します。



 さらに3つのセフィロトは、わたしたちのジャッジメントする機能、判断する、審判する機能と関係しています。


 上部3つのセフィロト


・トップの1・ケテル・王冠はダイヤモンドの無限の色彩で動く


・右の2・コクマー・知恵は白で動く


・左のビナー・理解は黒で動く



 左右の白黒世界が審判+判断の量りとして働き、明暗、コントラスト、そして奥行きが生まれます。


 ここは白黒写真の世界です。


 そして、この白黒の領域が、人間の判断機能、そして審判機能に関係しています。


 そこに頂点から無限の色彩が投射されることで、白黒の奥行きしかない世界に色彩が加わり、色写真になります。


 生命の樹・アダムカドモンの5から10のセフィロトは、それぞれが持つ色彩波動に意味合いがあり、それぞれのバランスによって、セフィロト1・ケテル・王冠に影響を与えます。



 アセンションで二極化が進んでいくなかで、私たちの意識は、白か黒、善と悪、右か左、上か下かといった、二点の間で揺れます。


 意識が上昇するときに求められるのが中庸です。


 大脳整理学を基盤にしたマインドフルネスが、全てを中庸に捉える、すべてはただ起きているだけ、出来事の傍観者になる的な視点を獲得するために、瞑想する、常にその視点を保てるように、視点と考え方を覚え直すのはそういうことです。


 思考や感情、それと連動する体感、それらを作り出すのが、神経伝達物質やホルモン分泌です。


 思考や感情が、白黒・善悪などの観念によって、多角的にジャッジメント・審判することで、それが意識の状態と、思考と感情、そして肉体全体を反応させます。


 総体的な「反応」、思考、感情、肉体的がつくるストレスは、審判機能による「反応」なわけです。


 その反応に揺れ続ける計りを中庸に戻しましょう。


 常にニュートラルな点に維持することを多角的に訓練し続けることで、脳習性、思考の習性、感情の習性、さらには連動する肉体のストレス反応、を極端に反応する位置から、中庸へ戻す、反応しにくい、しない、判断しない、決めつけない、思い込まない状態へ再プログラムするわけです。


 あなたの中に、審判・ジャッジする機能、その計りがなければ、あなたは、良い悪い、善と悪、上手い下手、差別する、などと審判・ジャッジする、決めつけることはできません。



 審判の計りは、覚えたこと、習性の上で機能しています。



 そして、それに対して無自覚であるために、人間は中庸な意識に留まれない、常に反応し続け、次第にエクストリーム・過激になっていく、または過剰な反応=審判する、そして思い込む傾向が強くなるのです。



 古代エジプト・死者の書の中に、神々の国へ迎えらるかどうかを決める「審判の計り」が登場します。



 その計りは、その人の審判性を計るためのもので、計りの左右が同じになる、一直線になることで先へ進め、バランスがずれている、傾いていると上昇できないことを教えています。




 自我の崩壊を体験した後のわたしのマインドは、ほぼ何も審判していませんでした。


 怖いものも多角的に消え、テレビや映画などで、バンジージャンプやスカイダイビングなどの場面を見ただけで、第一チャクラがきゅーっと閉まり、怖いという体感+感情+思考を常に作っていましが、バンジージャンプやスカイダイビングでさえ挑戦したいかも?


 格闘技や、舞台で歌う、演技するとか挑戦してみたいと本気で思ったくらいです。


 この体験を多角的に考察してわかったのは、自分の審判世界は、生理学的な機能によって作られていることでした。



 機能があるから、それを作れる、嫌になれる、憎める、悲しむ、恐る、卑下する、惨めに思える、決めつける、思い込めるわけです。


 これが人間の中に二極性があることの起因です。


 わたしたち人間は、その審判する計り機能があるために、優越感を感じ、差別し、蔑視し、いじめ、傷つけ、救世主を演じれ、自我にまみれた君主になれ、自我で神を語れ、人を殺せる状態にまでなれるのです。


 アセンションの過程では、地球の環境も含めて、様々な事柄・事象の中に分離が現れます。


 それは太陽系、地球という環境そのもの波動の密度と周波数が上昇するために、人間の生理学的な機能に影響をあたえ続けます。ある意味で常に刺激されている状態にいるわけです。


 人間世界の場合は、あなたを含めた人類の内面に、相反する二つの側面が浮き出し始め、いろんなことに挑戦され始めます。


 あなたは社会の中の一員なので、社会的に二極化する傾向の中で生きています。


 社会的な動き、政治や経済の動きは会社ビジネスに影響を与え、それらは自分の生活のあり方に影響し、あなたの精神性にも大なり小なり影響を与えるでしょう。


 刺激は単なる刺激、エネルギー的、波動的、周波数的な上昇なだけで、そこに善悪など存在しません。


 しかし、人間ボディーはそれに多角的に反応し続けます。


 二極化現象に対する反応の結果として、ネガティブ側面では、ストレスや不安、懸念、不満、怒り、憤り、混乱などが浮上しやすくなります。


 自分が見えなくなる人、思い込みが強くなる人、感情が浮き沈みする、イライラする、ストレス度が上がる、凶暴化する人も多くなります。


 その逆に、ポジティブ側面では愛を含めた多角的な自分の領域が調和され、より統合された意識の状態へと上昇していきます。


 さらに感情が安定する、気持ちよさや高揚感が増す、頭が気持ちよくなり、思考が澄んでいく、自分の思考の檻からでれる、自分の考え世界、感情世界、反応世界、習性世界がわかるようになる人も多くなります。


 過去30年のE・Tコンタクト、エネルギーダウンロードによる多角的なアップグレード、古代エジプト・ファラオアセンションの通過儀礼、トランスセンデンタル体験による自我の崩壊など、これまでの体験を通じて明確に思ったのは、多くのE・T種族は、人間の生理学的な構造、人間がなぜ次の段階へ進化できないのか、その理由を明確に理解していることです。


 その理由を把握し、マッピングし、どうすれば人間ひとりを自分たちのいる世界へ連れてこれるか、わからせることができるかを知っている、理解していることでした。


 多くのスピリチュアル書籍、エソテリックな秘境世界の古典であれ、思想書であれ、チャネリング情報であれ、人間が人間であることの所以・理由がわかってない、エソテリック世界であれ、とても大きな勘違いのもとで展開されている、だから大多数はどこにも辿り着かないのだと思いました。


 世の中の星の数ほどの人たちが、悟りと覚醒を目指し、集合瞑想などを企画して、人類の意識の上昇と、次元上昇に挑んでいるわけですが、そんな彼らの中から次々とアセンション体験した人が続出しないのはなぜでしょう?


 その理由は、それぞれの意識の低さとか、個別なチャレンジが理由なのではありません。


 私たち人間の、人格や性格、意識の状態を作り出す、生理学的な領域、それらが現在の人間状態から脱出できない、次のステージへと移行できない、進化できない根本的な理由です。


 それを、カルマや輪廻天性、善行の行い、自己開発、自己探求、自己愛、その外もろもろの一般的なスピリチュアル定義世界のために、大きな勘違い、巨大な思い違いをしているからです。


 私たち人類のすべてが、イエスキリストになる、仏陀になる、さらに進化してE・Tになるために必要なのは、精神的なアイデアリズムではなく、スピリチュアルな科学だと思います。



 自我崩壊の数年後、コロナ感染が起きる少し前に、彼らに質問したことがありました。


「なんで人間は、今のような、人間なのに動物みたいな状態になってるんですか?」


 戻ってきた答えは簡単でした。

 突然変異・ミューテーョンしたからだ世

 その回答には唖然としましたが、メイクセンスしました。


 わたしたち人類が、彼らが憶測していた進化の道に沿わずに、そのオリジナルの予測とは裏腹に途中で脱線してしまった理由は、エネルギー的な遺伝子の異変なのです。

 次は、人類が当初の予測から、なぜこんなに脱線してしまったのか? というパラダイム転換に挑戦してみたいと思います。

53 views0 comments

Recent Posts

See All

© 2015 by Hiroshi Makaula Nakae

  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitterのアプリケーションアイコン
  • ブロガーのAppアイコン
  • YouTube の古典的な
  • Pinterestのアプリケーションアイコン
  • Instagram のアプリのアイコン