「次元上昇するための5つのステップ」



 2020年の秋頃のことですが「バシャールからのメッセージ・次元上昇するための5のステップ」がフィードやYouTubeで次から次に出てきてました。

 これらが5つの項目です。

「バシャールからの5つのメッセージ」


①すべての他者を許す。


②ありのままの自分を許して愛す


③過去の出来事に囚われない


④ハイヤーセルフに繋がる


⑤4つを実勢した上で、今ここをワクワクで生きる

 文字通り、書かれている事は簡単にわかると思います。しかし、これらはステップ=階段ではなく、項目の並びです。


 それぞれの項目を乗り越えなさいというメセージですが、そこに階段的な実践方法、具体性などは全くありません。


 項目として並ぶ問題の定義・5つの挑戦だけなので、読んだ人、聴いた人の中で、意味はわかると思います。


 しかし、実質的な問題として、どのようにすれば克服できる、提示されている状態になれるのでしょう?

 意味はわかるけど、でも、どうやって?

  ⇅

 これは常に覚えておきましょう。

 そんな問題定義は今に始まったことではなく、過去の長きに渡って、様々な存在やら、スピ系グルたち、スピーカー達が、延々と説いてます。


 これまでの歴史の中で説かれ続けているにも関わらず、到達しにくい、安易でないのはなぜでしょう?


 それで次に出てくるのが以下の疑問符です。


 意味はわかるけど、どうやって?


 どうやって他者を許すの?


 どうすれば自分を許せるの?


 過去に囚われない人になるには?


 どうやってハイアーセルフに繋がるの?


 どのように乗り超えるの? 


 どうやって? 


 具体性の欠如、ステップ=段階の欠如、そして、エクササイズ=方法欠如という多角的な欠如のために、読んだ人、聴いた人は、目標としての参考にはなるけど、自己挑戦のハードルはさして変わりません。


 言われるように次元上昇したいけれど、方法が解かれてないので変化できない、上昇できない。


 そこで本末転倒、振り出しに戻ることになります。


 次元上昇どころか、焦るだけな状態に置き去りにされてしまいます。


 それでは、次元上昇するための5項目チャレンジを、ステップ・バイ・ステップで説明してみましょう。


 これは個人的な経験から入った方がいいと思います。


 ファラオ的アセンションの後のわたしの中にも、許せない、愛せない、過去に縛られている状態は山積みでした。


 そして3~4年くらい前もかなり持っていました。


 手放すのはすごい軽くなった、許せないとか、いうそういう状態がかなり消えたのは、2016年のトランスセンデンタル経験、自我構造のリセット、初期化の後からです。


 今はそんなにありませんが、全く消えてしまったわけではありません。


 トランスセンデンタル体験的に言ってしまうと、自我構造のリセットは完全エネルギー世界だったので、今までで最も強力などひゃ~!を遥かに通り越したヴォリュームのエネルギーが落雷のように落ちてきて、すべてが初期化される、焼けてショートしまう感じ、底にあるエネルギーとその固まってしまった道筋を溶かす、あるいは壊してしまいました。


 ここはトランスデンタル体験のyoutubeを聞いてくだされば、どういう世界だったのか何となく分かるのではないかと思います。


 その結果に私の頭は軽くなり、審判しなくなり、決めつけなくなり、全てがニュートラルに初期化されました。


 思い込みのない世界になり、そう簡単に反応しなくなり、知らない人とも、路上の少しおかしくなっているホームレスとも平気で話せました。


 体全体が軽く、浮いている感じも続きました。


 それだけでなく、見える世界も遥かに高画像、色から質感、奥行きなど、世界が一気にHD・ハイデフニション映像になっていました。


 それまで美しいと思わなかったものが、極めて美しく見える、魅了されてしまう世界です。

 自我構造のリセット経験でわかったのは、自我構造=思考と感情の枠組み+審判機能の仕組みです。


 では、自分の中から、許せる、許せないとう葛藤または衝突を、どうすれば手放せる、薄める、その逆の状態、認められる、愛せる状態に転換できるのでしょうか?

 許せないというのは、自分の中で、何かの事柄に対して執着がある状態です。そのことが気になって仕方がない、引っかかっている状態です。

 許せない=執着から逃れられない。ピタピタタ! っと接着剤のように、ビーっと引っ付いてて、それが執着になってしまう。


 執着には種類が沢山あります。


 憎いとか、恨むとか、羨ましい、気になる、許せない、愛したい、愛されたい、自分の望むように、状況、または、誰かをコントロールしたい、などというネガティブ感情です。


 愛したい、愛されたいもネガティブ感情なんですか? と思うかもしれません。


「したい」「されたい」の多くは不満足から生まれる欲求=欲求不満です。


 あなたは多角的に満たされていますか?


 どのようなネガティブ思考+感情にしても、執着した状態になる=手放せない、それから離れられないというのが基本です。


 全てを良しとできるいうより、レッドゴーしたい=手放したいわけですが、そこに力強い執着力が生まれている。


 中にはその執着の余りに、自分から望んで引っ付けたい、さらに執着+固執したい人もいます。


 しかし、多くの場合は、自分の中の執着に縛られて窮屈になる、息ができなくなる、苛々したりします。


 自分の中の均衡が平和的な状態から、苛々する、腹が立つ、悲しくなる、壊れた感じになる、壊したくなる、などの反応が起きたりします。


 執着している状態が、自分の中で嫌で仕方がないところまで到達すると、自分の中のストレスが沸騰し、叫びたくなってしまいます。


 多角的なストレスになるので、良心が残っている場合は、そこから離れたくなると思います。


 良心が荒れてしまっている場合は、その状況または関係者に向かってストレスを発散し始めますね。


 許容量を超えてしまうと、頭が変になった感じになる、叫びたくなったり、わめきだしたり、八つ当たりを始めたり。


 執着そのものとお近づきになり過ぎると、そこからなかなか離れられない、離れたくても離れない、放せない、手放せない状態にまで固まり、固執する状態に進みます。

 次のセクション「ありのままの自分を許して、愛す」です。


 ここも、わかったようで、分かりにくい。


 ありのままの自分というのは何なのか? という定義もありますが、基本は、自分を愛する、許す=自分で認めている、自分の嫌なところをOKとできて、うまく付き合える状態です。


 自分の嫌なところ、例えば、罪の意識とか、意地の悪い自分、不幸せな自分、感情的な自分、いろんなバージョンがあると思います。ポジティブな部分は置いておいて、自分のネガティブサイドに対して、そことどのように引っかからないようにするかを考えるでしょう。


 結局のところ、それも執着なので、自分の中に「自分の嫌な部分」という認識がある限り、そこが絶えず引っかかって挑戦してきます。


 奥にある嫌な自分というものにスポットライトを当て続けるので、それが明るくタラララーンと桧舞台に登場してドラマを演じ始めるのが普通です。


 なにがそれを起こしているのでしょう?


 ここも執着ですよね。


 自分の中の嫌な部分に対する執着+固執です。


 それらのものを、どのようにレットゴー、手放せるか。


 愛するって言いますが、ありのままの自分を許して愛すというのは、一つではなく、いくつかの項目です。


 単数であれ複数であれ、どちらにしても、自分の中にコンフリクト=衝突がある状態では、自分を愛するどころか、愛したいけど愛せないわ、というジレンマな状態になります。


「だって、これがあるから」という理由の羅列、光と闇の葛藤的なドラマが延々と繰り返され、自分を愛するという位置にも、自分と他者を同じように愛するという境地には行きにくいわけです。


 自分の中の執着、ペタペタペタッと接着剤状態になっている場合は、愛したいと思っても、その総てをOK としたくても、愛したい、世界人類をみな愛したいと思っても無理難題です。


 なぜなら「したい」という望みの状態から出てないからです。


 その理由は自分の中に衝突または混沌、不条理があるままだから。


 次のステップは「したい」から「している」状態、「なっている」状態に移行すること。


 〝過去の出来事に囚われない〟というのも、意味はわかりますが、実質的にはわかりにくいですよね。


 わかっているなら問題になることなく処理できているはずだからです。


 執着の基本は、自分が今の視点で過去を振り返った時に、それを審判する、ジャッジメント=判断する、決めつける、色眼鏡的に一方的に思い込むことです。


 そこには、良い悪い、もしくはネガティブ⇆ポジティブという角度が絶えず干渉します。