モニターコースを受講してくださった方々からの感想

 

「もっ と深いリーディング、ヒーリング、それらを習いたい人、ヨガ、運動でより自分を活性化させたい、ヒーラーやリーディングにもう頼りたくない人、体の仕組み が知りたい人、スピ本を読んでもなぜか幸せになれない人などに、ぜひマカウラさんのクラスやセッションをお勧めします。」

▶︎続きはコチラ

 

「私にとってクレアヴォイアンス基礎コースは、そのコース名以上のものでした。 

クレアヴォイアンス基礎コースは、私にとっては「基礎」ではなく「マスターコース」だったように思います。別次元からの光のヒーリングを自分で降ろせるなんて素晴らしいです。」

▶︎続きはコチラ

 

「一番感動したのはヒーリングで、私が今までたくさんたくさん受け続けた占い、カウンセリング、コーチング、などなど受けてはまた思い出し、忘れてはまた思い出し、繰り返し繰り返しぐるぐる廻ったいたことがどうでもよくなって、自分にベクトルが向いたことが一番うれしかった^^」

▶︎続きはコチラ

 

「初心者過ぎる私に、分かりやすく丁寧に教えてくださり、とてもイメージがしやすかったです。」

▶︎続きはコチラ

 

「一番大事だったのが、「特別な技術・才能がいるわけではなく、普段やっていることの拡張版」というのを体験したことでした。これがすごく大きかったと思います!」

▶︎続きはコチラ

 

「ガイドさんが見えたり。感じたり。その存在はそばにいる事を知れたし。いつも、クォンタムレイキで使う視覚化を使っているけど、もっといろいろ活用できるようになっていきたいです。」

▶︎続きはコチラ

 

「まかうら先生が一緒に同じ感覚を捉えてくださっているので、自分が感じているものが錯覚ではないのだという自信がつきました。」

▶︎続きはコチラ

 

★お申し込み・お問い合わせ

Quantum Resonance

Clairvoyance Basic

クレアヴォヤンス基礎コース

 

第三の眼に関する基礎知識と、どのようにすれば自分の第三の眼とクレアヴォヤンスの力を開発して、向上させることができるかをお教えします。

 

ヒーラー志望、 サイキックリーダー志望、チャネリング能力の開発と向上に興味のある方へ向けた、第三の眼とクレアヴォヤンス能力に関する基礎コースです。

 

ヒーリングの技法は習ったけれど、サイキックな感覚を伸ばしたい方

タロットなどのディヴィネーションツールは使えるけれど、サイキックな視点も育てたい方

 

★E.S.P.(エクストラセンサリーパーセプション)とクレアヴォヤンス

 

サイキックな感覚、E.S.P.の中で最も関心が高いのが「第三の眼=霊的な視覚」に関することだと思います。

 

クレアヴォヤンスは、第三の眼を使って別次元で物事を視覚的に捉える能力です。

 

霊的な能力は、生まれ持った力、または選ばれた人だけ、稀な人だけに与えられた霊能力だと思っている方が多いと思います。

 

しかし実はそうではありません。

 

第三の眼の力は、誰でも的確な訓練によって開花させることが可能な、進化させることができる潜在的な能力です。

 

誰もが持っている潜在能力誰でも潜在的に隠れている様々な能力を持って生まれています。

 

人によっては幼少の頃から霊的な能力が強く現れている場合もありますが、思春期や、青年期、出産、家族の中の誰かが他界したりすることで突然に能力が開く場合もあります。またその逆に、突然に能力が閉じてしまうケースもあり得ます。そのような場合の多くは、自然な感じで能力が現れます。ナチュラルに開花して進化してゆく場合は、意図的に開いたわけではないので、どうして視えるようになったのか、どうして解るようになったのか上手く説明することができないようです。

 

霊的な能力に興味のある人たちは、セミナーやワークショップ、先生について勉強しながら力を伸ばし続けている方々も沢山いらっしゃいます。

 

一般的に潜在的な能力が現れにくい、開発しにくいのは、その構造を良く知らないからです。

 

では誰もが持っている潜在的な力とは一体どんな内容のものでしょうか?

 

解る力、視える力、感じる力の仕組みとは?

 

スピリチュアルな能力が一体どんな構造なのか、どういう仕組みで動くのかを知ることで、潜在的な能力はスムーズに開花し始めるものなのです。

 

★知力を司る三つのヴォルテックス(カバラ)

 

一般的な第三の眼に関する理解は、第六チャクラに関係していていると説かれ、ヴィジュアル瞑想によって力を与え、活性化していく方法を実践します。

 

では、それ以外に方法がないのでしょうか?

 

まか〜ウラのクレアヴォヤンス基礎コースでは、従来の第三の眼のトレーニングとは少し趣きの違う、カバラ思想で説かれる「スフィロト」に関係する内容で行います。

 

・知力を司る三つのスフィロト

 

・命の樹=アダムカドモン

 

クレアヴォヤンスに関係する三つのヴォルテックスを活性化させることで、叡智の実に栄養を与え、スムーズに成長させることができます。

 

そして顕在意識を潜在意識の領域にあるシステム=機能にオンラインさせることによって、より確実に第三の眼の開花と進化へ導きます。 

 

★第三の眼の構造と仕組み 

 

第三の眼やスピリチュアルに関する事柄は、一般的には非科学的であり、超自然的な世界のものだと思われがちです。しかし、実際にはそうではありません。

 

第三の眼を開花させる時に重要なのは科学+化学+医学です。

 

人間の身体の仕組みを良く理解することで、第三の眼は開花させやすくなるのです。

 

ビジュアル瞑想によって第六チャクラ+3つのスフィロトを活性化させるというアプローチに、脳の構造と、脳+身体の仕組み、身体+エネルギー体+経絡の繋がりなどを統合することによって、第三の眼は的確に開き始めます。

 

★クレアヴォヤンス+第三の眼の力を引き出すダウンロード+光速トレーニング

 

1995年頃にチャネリングの方法を教えていた時は、二日間の時間的にもカナリ詰まったワークショップ形式で行っていました。

 

2008年くらいから光次元の意識統合ツール:スフィアのクラスを始めた時は、4〜5時間。

 

2011年くらいからは3時間強のワークショップを目指していました。

 

たったの3時間程度でクレアヴォヤンス視覚が開発できるものなのか?

 

クレアヴォヤンスコースの基礎は、想像するほど難しいものではありません。

 

違いを生むのは、教え方と実践方法☆

 

ホノルルとシアトルで何度も行いましたが、参加してくださった方々が自ら驚く体験をしています。

 

その秘訣は、波動と情報のダウンロードによる「エンボディメント」です。

 

ヴィジュアル瞑想によるヒーリングを行いながら、システムをオンラインさせていきます。

 

・頭の中と感覚を通じて映像を捉える。

 

・頭の中で映像を作り出す。

 

実際にクレアの力を使って波動を動かす練習を行いながら、第三の眼+クレアヴォヤンスの力を引き出してゆきます。

 

★第三の眼の力を向上させるエネルギー瞑想の方法

 

運動するにも、生き続けるにもエネルギーが必要です。それは第三の眼も同じこと。第三の眼に関係する領域へ充分なエネルギーが与えられることで、霊的な視覚は機能し始めます。

 

E.S.P.ならびにクレアヴォヤンスの機能は第三の眼だけに関係するものではありません。むしろ、もっと広い範囲、身体の全域に繋がっているものです。

 

それは肉体だけではなく、エセリック体(エネルギー体)、数々の波動でできた身体(オーラ)にも深く関係しています。

 

人間の肉体を包み込んでいるのがオーラの層です。オーラと肉体を繋げているのがエセリック体です。

 

肉体+エネルギー体+波動体の総てを充分に活性化させることによって、第三の眼+E.S.P.の力は向上していきます。

 

的確で効果的なエネルギー瞑想を実践し続けることで、クレアヴォヤンスの力は確実に成長して行きます。 

 

★クレアヴォヤンス視覚を使う実践

 

第三の眼やクレアヴォヤンス的な視覚というのは一体どんな感じで視えるものなのでしょうか?

 

実際的な感じが解らないと想像がつきにくいと思います。

 

普通に見える視覚と、クレアヴォヤンス+第三の眼を使った視覚は、一体どのように違っているのでしょう?

 

実は、そんなに突拍子なものではありません。

 

頭の中で映像を捉えるコツを練習することで、クレアヴォヤンスの視覚に慣れて行くことができます。

 

★自己メンテナンスの方法 

 

第三の眼+クレアヴォヤンスの力は、使えば使うほど成長していきます。その使い方はアイデア次第。朝から晩まで色んな事柄に使ってみるのが理想的です。

 

何時でも何処でもクレアヴォヤンス機能を使い続けることによって、さらに洗練され、視えやすく、解りやすくなっていきます。

 

★まか〜ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

このコースはエネルギーヒーリング基礎コースの発展系です。まず先にエネルギーヒーリング基礎コースを受講してください。

 

・所要時間:2時間半〜3時間

・スカイプによる個人セッションのみ

・お支払い方法:ペイパル決済

 

・料金:300ドル(予定)

 

© 2015 by Hiroshi Makaula Nakae

  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitterのアプリケーションアイコン
  • ブロガーのAppアイコン
  • YouTube の古典的な
  • Pinterestのアプリケーションアイコン
  • Instagram のアプリのアイコン