願望実現=未来を創る世界観



「エネルギーヒーリング基礎」と「クレアヴォヤンス基礎」を受講した方から、メールで願望実現に関する質問をいただきました☆


「マカウラさん、こんばんは。教えて頂きたいのですが、願望実現の際はどう意図したら良いのでしょうか? やり方としてはコーザルを光らせて、密度上げてクレンジングした後のプロセスと意図の仕方がよく分からず…教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします‍。」


「エネルギーヒーリング基礎」と「クレアヴォヤンス基礎」は、願望実現のために開発したのではありませんが、エネルギー+波動の密度をあげることによって、エネルギー各種の動き、思考の動き、感情の動き、意識の動き、などは通常の状態よりも格段に速く、そして強くなると思います。


まずは、エネルギー+波動の密度的なことを書く前に、まず最初に理解しておいたほうが良いことを書いてみます。



願望達成というのは「未来を創る」ということです。


意識の全体性が、未来の現実=リアリティーを作り出します。



「願望実現」というアイデアは、「ザ・シークレット」や「ナポレオン・ヒルの成功の法則」などから一般的になり始めたように思います。


そこから「願望を引き寄せる」というトレンドが生まれたようです。


そこで「引き寄せ術」というものが登場し始めました。



この「引き寄せる」という部分は、シンクロニシティー=共時性と密接に関係します。


実質的には「引き寄せる」のではなく、設定した未来から「引き寄せられる」、または設定した未来に向かって「動いていく」が正解でしょう。



シンクロニシティーが連続的に起きていく中で、物事が自動的にトントン拍子に進んで行き、気がついたら願望が達成されていた! という世界です。



現実=リアリティーは、顕在意識から潜在意識に接続し、潜在意識 から超越意識・ハイヤーセルフに接続し、上昇させて、超越意識の動きで発現すると言われています。


この図式を編訳すると以下のようになります。



⭐️顕在意識=今の状態=記録=記憶、今の考え、今の感情、今の望み



⭐️潜在意識=今までの状態=記録=記憶、今までの考え、今までの感情、今までの望み

  ↕️

通常の場合、よしも悪しも混沌としている、整理整頓されてない、優先順位がぐにゃぐにゃな状態です。



⭐️超越意識=未来の状態=記録=記憶、未来の考え、未来の感情、未来の望み



ああなりたい、こうなりたいという、希望、願いは、未来の姿をイメージしていることですよね。


その根底の意識の状態、どのような理由で、そうなりたいのか? が、その先の動きに大きな影響を与えます。



望んでいる未来へ進んで行きたい。


でも望んでいる未来に到達できない・・・。


今の状況からなかなか抜け出せない、変われない・・・。



では、望んでいる未来に進ませないものは何でしょう?



スムーズに進まない、引き戻される、試練やチャレンジが引き続く・・・。


何かが容易に先に進ませない、今の状態に居続けさせる、今の状態に留め続ける。



今=現状に縛られている状態です。



では、今の現状=今の自分の状態は、いったい「なに」で作られてきたのでしょう?



それは総体的な過去=記憶=記録です。



多くの場合、意図的に自分を作ってきた、自分を建設し続けてきた人は稀だと思います。


自動的に造られてきた方が大半でしょう。


気がついたら今の自分になっていた・・・。


幼少の頃から、なりたい自分というビジョンが明確にある人たちは、その時点から、なりたい自分になるための道を選び続けます。


例えば、医者になる、警察官になる、消防官になる、看護師になる、先生になる、お嫁さんになる、事業主になる、政治家になる、作家になる、歌手になる、芸能人になる、画家になる、国際的になる、スポーツ選手になる、etc☆



◯◯になるというのは、それを「決めている」意識状態です。


明確に自分の未来の姿がある人たち、未来を決めている人たちは、幼少時からそのゴール設定に向かって歩き続けます。


その理由は、すでに決めているから(笑


または疑ってない(笑



疑いがない、決めている場合、「なる」ためのことを考え、「なる」道筋を選び続け、「なるタイミング」を見極め続けます。



「◯◯になる」という意識と、「◯◯になりたい」という意識は同じではありません。


「◯◯になる」は決定している、未来設定が明確である、疑いを持たない意識状態、もしくは、未来の姿を知っている意識です。


「◯◯になりたい」は希望している、曖昧さのある、決めきれてない意識状態、未来の姿を知らない、探っている、模索する意識状態です。


明確性の違いですね。



自分の中の未来設定の明確性=ビジョン設定を再確認してみましょう。



多くの場合、成長する段階で、未来設定は様々な理由で移り変わっていきます。


例えば以下のような項目です。


成長していく段階=人生が進んで行く中で、自分の中で興味=未来の姿が別のものへ移り変っていく。


自分の興味または未来のビジョンが、誰かから別の姿へ誘導される、変えさせられ続ける。


誰かの影響を受ける=誰かのようになりたいと思う=自分ではない誰かになろうとする=コピーしようとする。


親が考える未来を刷り込まれ続ける=自分ではない人たちのビジョンにすり替わっていく、達成できるわけがないと言われ続ける、道を潰され続ける、なりたい自分になるサポートが与えられない、等など。



これらの共通性は「途中で変わってしまう」=紆余曲折するですよね。


一本筋ではなく、紆余曲折し、迷い、行き先がわからなくなる、見失うなどが起きてきます。


そして、気づいたときには、今の自分の状態になっていた・・・困! 焦!


今の自分の状態=今のライフに気づいたら、もっと違う生活・ライフに変えたいわ・・・! と思うわけです。



今の私は不満足、または、不幸せ! だから幸せになりたいわ!


これが願望達成という世界観の土台と言っても過言ではありません。



願望達成の基本は、今の状態・状況から、望んでいる、願っている未来の状態・状況へ移行することです。



この変容の動機には、基本的に二つの方向性が含まれます。


①今が不満足・不充足・不幸せ・困難・いまの現実に挑戦されれているから

  ↕️

 二極化ベースの比較対象による、否定的な焦点



②単純により満足したい・より幸せになりたい・よりワクワクしたい

  ↕️

 ニュートラルからポジティブな焦点



潜在意識下に、達成したい願望=未来の状態と衝突する意識があると実現化にしくくなります。


自分の中に相反するもの、さまざまな衝突があるわけですから、設定したゴールにスムーズに到達しないわけです。


例えば以下のような相反する意識です。


結婚したいという願望があるとします。


しかし心の奥底に、結婚すると相手の家族や親戚がついてくるので嫌だとか、相手を探すのが大変だとか、自由が少なくなるかもしれない云々などです。


この場合は、意識の焦点が結婚に当てられていますよね。


しかし、結婚するには相手が必要です。


基本的には、結婚して生活を築いていく相方をどこまで良しとしているかですよね?


結婚は相手次第なわけですから、相手がいないと結婚できません。