☆完全にボディがなくなり、エネルギー体になっている感じ・LA93録音


アロハ


クォンタムコンタクト・レゾナンスヒーリングのシーズン3は週一回の「ライトボディアクティベーション」実験です。


今回の感想はホノルルでアロマとレイキを教えていらっしゃるHawaii Aroma Lifeのヨーコさんからです。


☆完全にボディがなくなり、エネルギー体になっている感じ・LA93録音

この1週間は右、左と耳鳴りが頻繁に起こっていました。

***************


白い雪のような結晶のエネルギーを感じます

右脇腹に硬さ、重み深く深呼吸

三角形 ハート喉胸に圧力


スルー

オーラがホワイトゴールドに金の縁に発光

縦軸に同じ色の発光エネルギーが通り始める腕がエネルギーを感じサワサワ

右手握りこぶし


ハートした絹のようなエネルギーを感じます


ふわっと絹ごし

ダイア型のフレーム


深い宇宙が見える


右側から赤い幾何学の音がカーブを描くようにフレームに通り、私の中に入ってきます


向こう側に行きたい気持ちになります

六芒星

女性的なエネルギーを感じ、女子力が上がるような気持ちです

出ました。笑

フレームの六角形の所から目をつぶって瞑想している自分が見えます

六芒星が二重になっており、その周りに赤い幾何学の音が一周、二週、三週と周り、フレームの中へ行き、額の真ん中に辿りついています

白い銀河を背面に感じます。


柔らかい白い女性のエネルギー

戻りました

逆三角形・仙骨

エネルギーがスムーズになり、細胞一つ一つが喜びに満ちていきます


薄いピンクのエネルギー

オーラがさらに白く光り始めます

上向矢印

立ちます


左足の方が短かき感じます


黄色とマゼンタピンクのような渦巻きの光りが前にあります

全体的に冷たいエネルギー


左右長さが揃っていきます

寒気がし鳥肌が立ちます

クリ型ハンドポーズ

体が温まってくる伸びをします

前からウェーブを感じ海の中で波を感じているような感じ


それの勢いで体が前後に微妙に揺れます仙骨から動く感じ

喉に氷ような冷たいエネルギー心地が良い

揺れがいきなり止まりました


それと同時に自分が椅子から数ミリ浮いている感じがします

縦のパイプを感じ始めました


柔らかいエネルギーが通り始めます

自分がゴールドに光っていきます


24金ピカピカの金の観音様になったようなイメージ

金のエネルギーが薄くなっていき整ってくると同時に、物質的なボディがモザイクな感じで下からゆっくり消えていきます

お腹周りも解け気持ちよくなってきました

完全にボディがなくなり、エネルギー体になっている感じ


しかし縦のラインはしっかりと感じます

腕からどんどん暖かくなってきました

前から光のシャワーが降り注いでいます

イエローホワイトの光りの球体の中芯に自分が浮いています


大きさは半径が自分の背丈の2倍くらいの球体

宇宙に浮かんでいます


体も全体的に暖かく完全に解けている感じ

光り球体のエネルギーがどんどん中心軸に左右から近ずいて入っていきます。

全てが縦のパイプに入るとドーンと風が吹き、エネルギーが引いていき、終了

**********************

中心軸はかなり眩しくその光の余韻で体も発光しているようなそんな感じです

体もポカポカとしてとても気持ちがいいです。


ありがとうございました!


Yoko Hawaii Aroma Life

ホノルルのプライベートサロン「精霊の領域」にてアロマやレイキを使った自己再生ヒーリングのサポートを子供からお年寄りまで幅広く行っています。またそれに関する人材育成にも力を注いでいます。 https://www.hawaiiaromalife.com/



・この1週間は右、左と耳鳴りが頻繁に起こっていた

 ↓

確かに耳鳴りは頻繁に届いていました☆ 耳鳴りは周波数の域が変わります。以前にもましてより高周波に変化していますね。



・白い雪のような結晶のエネルギーを感じた

 ↓

エネルギー=波動=周波数+密度ですが多様な種類があります。白い雪のような結晶という感覚は、より細かい、精密なという感じ。



・右脇腹に硬さ、重み

 ↓

右わき腹にあるのは肝臓です。肝臓は解毒+浄化の臓器なので、ここが整理整頓され機能が向上していくと、体内だけでなくエネルギー的な解毒+浄化のプロセスが向上していきます。



・ハート前に両手でピラミッド三角形

 ↓

これは以前から頻繁に登場するハンドポーズです。「ピラミッド型のウィンドー・窓」なわけですが、基本は「三角形=プリズムを通じて枠の中で通過する」という観念です。エネルギー=波動=周波数=色などだけでなく、意識も通過することができます。



・喉胸に圧力・喉に氷のような冷たいエネルギーが心地が良かった

 ↓

胸の上部と喉の反応はまだ続くでしょう。第4上部と第5下部から中部での反応ですが、より上部へ向かって進んでいきます。これは後のクンダリーニ上昇にも関係するものです。氷のような冷たいエネルギーは、強烈なクリアリングの反応です。再生し続けることによって、冷たさも低くなり、次第に暖かくなる、そしてヒートするようになり、それを超えると安定し始めます。



・オーラがホワイトゴールドに金の縁に発光・縦軸に同じ色の発光エネルギーが通り始めた・腕がエネルギーを感じサワサワ・女性的なエネルギーを感じた・女子力が上がるような気持ちです・柔らかい白い女性のエネルギー

 ↓

今回のライトボディを施術してくれたのはプレアディアンの女性・高位神官または高位カウンセルだと思いますが、ライムグリーン、ゴールデンライム、金色に少し黄緑な周波数の波動がなんども投射されていました。



・ハート下に右手握りこぶし ・絹のようなエネルギーを感じた・ふわっと絹ごし

 ↓

横隔膜とハードセンターの中間に親指を立てた右手の握りこぶしは、第3と第4の間のエネルギーの軸を活性化させ、強化そして安定させる目的のものです。エネルギーの質はその時の施術内容によって変化するので、その都度おなじではないでしょう。

 自分でエネルギー瞑想をするときに、このハンドポーズを行うことで、胴体の上下のバランスの状態がより安定するように変化すると思います。



・ダイア型のフレームから六芒星のフレーム・深い宇宙が見える・右側から赤い幾何学の音がカーブを描くようにフレームに通り私の中に入ってきた・向こう側に行きたい気持ちになった・フレームの六角形の所から目をつぶって瞑想している自分が見えた・六芒星が二重になり、その周りに赤い幾何学の音が一周、二週、三週と周り、フレームの中へ行き、額の真ん中に辿りついた

 ↓

まず三角形のフレームが登場し、それをコピーして頂点を下向きにするとダイヤモンド型ができます。上向きと下向きの三角形を重ねると六芒星ができます。六芒星は6つの小さな三角形が外側に突き出ている、重なっている部分は六角形になります。このウィンドー内の宇宙空間は、それぞれの意識状態によって違うものです。

 六芒星の光+色彩の変化は自動調整みたいなものなので、自分の意識で操縦する必要はありません。ライトボディの認識機能+ライトボディの意識のものが自動的に検算し、最も理想的なパターンを作り出します。



・仙骨背面に逆三角形・エネルギーがスムーズになり細胞一つ一つが喜びに満ちていった・薄いピンクのエネルギー・オーラがさらに白く光り始めます

 ↓

仙骨背面の逆三角形ハンドポーズによる姿勢は、胸=ハートを開かせ、肩も理想的な位置に動かし、背骨も真っ直ぐに維持しやすくなります。絶えず意識する、または瞑想の姿勢に積極的に取り込むことをお勧めします。



・姿勢ポーズ上向矢印・左足の方が短かきを感じた

 ↓

「空飛ぶポーズ」にようなものです。左右の足の長さが違うのは一般的です。これは次第に調整され、骨格も理想的な姿に引き上げられ続けていきます。



・黄色とマゼンタピンクのような渦巻きの光りが前にあった

 ↓

第4女性性と第3の混色ですね。


・全体的に冷たいエネルギー・左右長さが揃っていった・寒気がし鳥肌が立った

 ↓

冷たいエネルギーは基本的にクリアリングの反応を引き出します。より強いクリアリングの波動の場合は、凍えるような寒気が出現する場合もあります。


・へそ下にクリ型ハンドポーズ・体が温まってきた

 ↓

へそ下のクリ型ハンドポーズは、下丹田に働きかけます。エネルギーを集め、ゆっくりと貯蓄し、またゆっくりと上に向けて上昇させます。



・前からウェーブを感じ、海の中で波を感じているような感じ・それの勢いで体が前後に微妙に揺れた・仙骨から動く感じ・揺れがいきなり止まりまった・それと同時に自分が椅子から数ミリ浮いている感じがした

 ↓

揺れを感じたわけですが、この揺れは実質的には脳内でも起きています。肉体+エネルギー体+ライトボディの全域で起きるようになっていくでしょう。

 仙骨のクリアリング+変化はまだ進化すると思います。



・縦のパイプを感じ始めた・柔らかいエネルギーが通り始めた・自分がゴールドに光っていった・24金ピカピカの金の観音様になったようなイメージ・金のエネルギーが薄くなっていき、整ってくると同時に物質的なボディがモザイクな感じで下からゆっくり消えていった・お腹周りも解け気持ちよくなってきた・完全にボディがなくなりエネルギー体になっている感じ・しかし縦のラインはしっかりと感じた

 ↓

「縦のパイプ」=スシュムナー菅ですが、このパイプの開発はまだ続くでしょう。進むにしたがってより開通し、拡大され、許容量も増えていき、強度も強くなっていくと思います。

 エネルギー体になってしまう感覚=肉体が消えるよう・肉体が感じられない感じは、進むにつれてより早く出現するように変わっていくと思います。


・腕からどんどん暖かくなってきた・前から光のシャワーが降り注いでいた

 ↓

腕のエネルギー代謝率も次第に高くなっていくと思います。腕の中では肘関節+肩関節+手首・筋+神経網です。腕はある意味で方向指示器のような役割を担っているので、腕全体の状態が向上することで、感覚機能+方向性や、方向の認識もより研ぎ澄まされていくように変わると思います。


・イエローホワイトの光りの球体の中芯に自分が浮いていた・大きさは半径が自分の背丈の2倍くらいの球体・宇宙に浮かんでいた。体も全体的に暖かく、完全に解けている感じ

 ↓

ライトボディには様々な領域=周波域=音域と奥行き+大きさ・密度などがあります。これは多角的+多次元的な構造なので、その時の施術の方向性によって大きく変わる可能性があります。重要な部分は「光りの球体の中芯に自分が浮いていた」というところ。


・光り球体のエネルギーがどんどん中心軸に左右から近ずいて入ってきた・全てが縦のパイプに入るとドーンと風が吹きエネルギーが引いていった

 ↓

「全てが縦のパイプに入る」=スシュムナーの縦軸ですが、左右から縦軸に向かって集まる、同化するように引き込まれる、これはライトボディのトロイドフィールドとも関係しています。これは呼吸するようにパターン化される、ウェーヴ化するように変化していくでしょう。


・中心軸はかなり眩しく、その光の余韻で体も発光しているような感じで、体もポカポカとしてとても気持ちよかった

 ↓

ライトボディの電源がオンになり、エネルギーを発生させる、発散するようになると、暖かくなる、次第に温かいを超えて、熱くなる感じが成長していくでしょう。


▲ライトボディアクティベーション93回目

61 views

© 2015 by Hiroshi Makaula Nakae

  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitterのアプリケーションアイコン
  • ブロガーのAppアイコン
  • YouTube の古典的な
  • Pinterestのアプリケーションアイコン
  • Instagram のアプリのアイコン