多次元的感覚の目覚め

Updated: Aug 31, 2018


アロハ


今回は異星人さま遠隔ヒーリング+アルファーの感想です。


感想を送ってくださったJ.K.は、感じるままに指で直接描く手法の「タッチドローイング」を広めている方で、イラストも送ってくれました。



まか〜ウラさん こんにちは。ずっとずっと昔、シアトルでチャネリングをしたもらったことがあるJ.K.です。

2012年に日本に戻り、先月突然まか〜ウラさんのブログ情報が受信箱に届き、異星人遠隔ヒーリングにピンときて、ある時からほぼ毎日アクセスさせていただいています。


2016年あたりから、多次元的感覚が開いていく、意識の覚醒=脳内プログラムという言葉がきており、これからこの脳内の変化に自分がどう関わっていくかに興味を持っていたところ、まか〜ウラさんの「異星人さま」とグランドフェーズ、またオーディオブログの中でのお話は私の中でヒットしました。


 昨年末から急激にどうでも良いモードになり、今まで力を入れてきたことから一旦手を引いたり、いろいろなことに執着がなくなり、ゼロに戻っていき、脳内にどんどんスペースができていくプロセスを体験中です。

 日本の異常な気象や、特定のことに集中する傾向がある集団的な意識は強烈で、時々シアトルが恋しくなりますが、逆に何があっても影響されない強い軸ができつつあります。


 昨年アメリカ滞在中に網膜剥離になった時、目の中に宇宙を観るという神秘体験をしてから、観るとは?ということがずっとテーマになっており、つい先日は昨年の手術の後遺症の治療のため再手術をして、新しい目になりました。


ちょうど8月に入って目の手術をし、入院の時にはグランドフェーズのブログを拝読し、この内容もタイムリーでした。

目の手術で入院中に、ひろしさんのブログ「アセンショングランドフェーズと覚醒1〜3」に惹きつけられ、夢中になって読みました。


その中で、ポジティブな体験・記憶へと書き換えていくことの重要性について書かれていますが、まさに入院中に私はその書き換えを「意識的」に体験しました。


私は幼少期は病弱で、長い間痛い注射、苦い薬、辛い体、苦しい思いというネガティブな体験が続き、中学生の時に受けた盲腸手術でミスがあり他の臓器に傷がつき、それが原因で入院が異常に長引き、抜歯しても肉がくっついておらず再度縫い直しというハプニングまであり、肉体的にもとても’苦しい体験をしました。


それ以来病院や医師に対して体は拒絶反応し、ネガティブな考えしかなかったのですが、今回の目の手術では、手術室でバックにロックミュージックがかかっており、アップビートの波動に私はワクワクし、手術チームの手際よさに感動し、手術全体を細部にわたり終始静観している自分がいました。


医師のハートから温かいエネルギーが流れているのを感じられたし、入院中の病院食も美味しくて、このレシピで今度自分で作ってみようと思ったほどでした。


以前あった、病気や死のエネルギーが充満した恐ろしい場所という考えは全くなく、1週間の入院は安全で心地よく感じられました。


グランドフェーズ」を読みながら、なんというぴったりなタイミング!


今回の手術・入院は、ポジティブな体験・記憶への書き換えのチャンスなのだと気付いたのでした。


退院後の静養期間も、ほぼ毎日その日ピンときた異星人さまの遠隔ヒーリングを受け、目を使うことを極力避け、ただただ静かに内側を感じる毎日が続いていました。


同じヒーリングでも感じ方は毎回違い、これは個人仕様かと思うほど自分のプロセスにあったもので、多次元的なエネルギーをキャッチするというのは、こういうものなのかと思いました。


日常レベルで具体的にポジティブな体験が起こっており、そこに意識的になれば、それはさらに加速するのではないかと思います。


見えないエネルギーはリアルであり、不可能を可能にする新しいクリエーションの時代へと突入していると感じています。

 異星人さま遠隔ヒーリングは、シアトルにいた頃にアンドロメダの方が夢の中に現れたこともあり、アンドロメダのヒーリングには何度もアクセスさせていただいています。後半で感じるままに動くことで、エネルギーが何倍も強く体験できます。


 また、アトランティアンシードも強烈で、体の内外が光に包まれるのをしっかり体感できます。


昨日は2回目のアルファ・センタウリアン1を受けましたが、今までにない体感があり、終わった後、目を閉じると水平のエネルギーが限りなく左右に伸びていくのをはっきりと感じ取りました。



確か最後のところでまか〜ウラさんが脳内を広げているとおっしゃっていたと記憶していますが、広がっていく感覚をリアルに感じました。


おそらく、これから物理的なレベルでこの感覚が具現化されていくのだと思うと、どんなことが展開するのかワクワクします。


今年の正月に、感じるままに指で直接描く手法の「タッチドローイング」をしていたら、”New Perception”という言葉とともに、こんなイメージが描かれました。確かこれは、2つの黒い丸から始まってできたイメージだったと記憶しています。



これを描いた時に、やはり多次元的な感覚へと移行していくのだなと思ったのですが、まか〜ウラさんの実験的な試みともつながっていると感じずにはいられません。

ありがとうございます!

来月末にシアトルに行きますが、その時に何かワークなどありましたら、お知らせください。



多次元的感覚=多次元意識=ワンネス意識が開いていく


まか〜ウラはハワイ時代から多次元脳になっていたので、多次元的な体験はひっきりなしなのですが、異星人さま遠隔ヒーリング+ライトボディに突入してから、その多次元脳も新次元な感じで進んでいます。


正直な話「コレって一体なんなの? どういう世界なんですか? まだイマイチ把握できてません・・・」というのが本音です(笑


あなたも「多次元」+「多次元感覚」という世界観に対して独自のイメージを持っていると思います。


私にも独自のイメージや世界観がありましたが、一気に激変してしまいました(笑


これまでの多次元世界よりも、遥かに現実性が多角的に強くなっていると思います。


それは感覚的な領域だけではなく、実際の生活の中にも色濃く現れ始めている・・・。


それに加えてより微細な領域が日常生活の中に強く現れて始めています。


夢の世界も同じように多次元性が強くなり、ルシッドドリーム(鮮夢)の具合もよりリアル性が強くなり続けています。


各個人の意識の状態+進化の度合いによって違いが大きいものです。


そのために経験も個人によって大きな違いが生まれます。


それを比較することも難しいし、そもそも比較するものではないと思います。


それぞれが独自の世界を経験しているからです。


なので多次元的な感覚を文字や言葉で説明するのは難しい・・・。


イメージ的に書いてしまうと、以前は直線的な体験だったのが、一気に球形な体験になるような感じです。


全ては意識の進化を目指したものです。


そして多次元感覚の基軸は「脳の機能性のアップグレード」です。


それだけではなく、脳の機能性のアップグレードするために、肉体やエネルギー体、ライトボディ、ガッドボディなどの中でも機能性のアップグレード=進化が続いていきます。


全てが総体的に進化するということです。


意識を進化させるために、肉体的+エネルギー的+波動体+潜在的な意識などが次の段階の進化に入るわけです。


単純に書いてしまうと、現在よりも脳がより目覚める、機能性を増して開き、広がる、以前では使えなかった領域や機能+性能にアクセスできるようになる。


意識が進化する=意識が向上する中で、それまでアクセスできなかった意識の領域と繋がり始めるというのが妥当な表現でしょう。


これまでワンネス意識に接続するのはトテモ難しかったわけですが、少しずつ意識できるようになり、ワンネス意識との接続を経験すると、そこからワンネス意識が育ち始める、そして接続感が強くなっていくようです。


分離から統合へと進んでいるということです。


「わたしはわたし、あなたはあなた」という分離した意識状態から「わたしはあなた、あなたはわたし」という意識が成長し始めます。


自分とその他の人の間に分離をみなくなる、違いをみなくなる、違いにこだわらなくなる、同列な感じになる、認められるようになる、恐怖が薄れて消えていく、同一感が増えていくという傾向が強くなるでしょう。


これと同様に、異星人さま方や、ナチュラルスピリット、惑星の意識などにも接続が始まります。


人間の意識は今まで多次元性を認識できなかったわけですが、それが認識できるようになり、その中で新しいダイナミクスを理解し始めます。


多次元的な体感


多次元的な経験


多次元的な生活


多次元的な視点


多次元的な理解


多次元的な認識


多次元的な機能性


全てが多次元性にまとめられ始めるでしょう。


より新しい多次元的なダイナミクスが現じめ、次から次に皮が剥けるようにして意識のベールが引きあげられていくでしょう。


この行程は一気に起きるものでななく、より自然に、一人ひとり独自のペースで比較的ゆっくりと進んでいくと思います。


その理由は、マインド=思考回路は一気に変化できるものでないからです。


なので地道に進んでいきます。


どちらにしても競争ではないので、マイペースでいく感じ。


意識の進化を意識して生活する、多角的に自分向上+自分進化を目指すか、そうでないかによって違いは生まれますが、そこは重要ではなくなると思います。


自分と誰かの比較、一番乗り競争や、パワ−ゲームではないことに気づき始めるからです。


意識の進化の中でもっとも際立ち始めるのがワンネス意識=多次元的な意識です。


ワンネスに突入すると、比較や競争、パワー思考は極端に薄れ始め、次々に消えていきます。


その中で慈愛とか、感謝とか、奉仕、献身、平和、調和、無条件な愛の状態などが大きくなり始めるでしょう。


自分本位な意識から離れ始め、自分と他者との繋がりが強くなっていきます。


この部分も一気にではなく、地道に、しかし強く確実に進んでいく感じです。


まだまだ現在の地球人の総体的な意識は、異星人さま+多次元的な意識+その世界、その存在を認め、認識する、同化する、そこへ入っていく初期段階です。


これら行程の全ては「レゾネーション=共振」によって引き上げられていきます。


それは直線的な共振、平面的な共振ではなく、立体的なレゾネーションです。


また立体性の中には密度も含まれます。


意識が立体化する=意識の密度が上昇するということです。


バシャールやプレアディアン、アークチュアリアン、ハトホルなどの異星人世界に興味がある方々も一気に増え続けている感じです。


それらの多くの方々は、内的な多次元世界ではなく、外的な世界、現象的な傾向に意識を合わせています。


それも次第に内側に向けて進路変更し始める傾向が強くなっていくでしょう。


内的な変化が外的な変化を作り出すことに気づき始めるからです。


この部分は異星人さま+ライトボディ+ガッドボディの遠隔ヒーリングの中で色鮮やかに表面化しています。


自分の外でコンタクトが起きるのではなく、自分の中でコンタクトが起き始めます。


地道に参加してくださっている方々の多くの感想の中で表現されています。


実質的なコンタクトを実現させるために必要なのは、私たちひとり一人の中でコンタクトが始めること。


外的なコンタクトではなく、内的なコンタクトに意識を合わせ、自分の意識の進化へ向けて進んでいけば、まず自分の中でコンタクトが起き、追いかけで外的なコンタクトが促進されていきます。


自分の中が多次元性を増していくと、外の世界にも多次元性が創造され始めます。


なので地球の平和+地球の宇宙開国を求めている方は、異星人さま+ライトボディ+ガッドボディをはじめてみてはいかがでしょう?


エフォートレスに多次元世界へと導かれていくのではないかと思います☆

221 views

© 2015 by Hiroshi Makaula Nakae

  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitterのアプリケーションアイコン
  • ブロガーのAppアイコン
  • YouTube の古典的な
  • Pinterestのアプリケーションアイコン
  • Instagram のアプリのアイコン