ジョージアオキーフ・サンタフェ2日目

★サンタフェ2日目・2011/02/22


滞在3日目は風邪でボロボロの神様ハンズを家に置き去りにして、一人で再びサンタフェに出かけました。


私たち二人だけで来てたら別行動しなかったかも知れませんが、今回は彼女のお友達の家に宿泊なので、そういった心配は無かったんです。


前日と同じ時間帯の列車に乗って一人で探索です。



↑こういう土壁の建物の丸さというのはやはり不思議な感じがしますね。

もう一回来ているので、何となく街の様子も分かっているし、行きたい場所はジョージア・オキーフ美術館だけだったのでプレッシャーは全く無しでした。



↑こういう街並で思い出すのがスターウォーズに出てくるルーク・スカイウォーカーが育った街ですね・・・。


一人で何も計画せずに知らない街をプラプラするのは良い感じです。


わたしの場合は一人でも全く平気。


だって自分以外の人に合わせなくて良いので、日頃は働かせる協調性とかを全く考えなくても良いからです。


自分のペースで自由に動くと言うのは、団体行動では難しいですね。



↑同じ街でも建築様式が違うので眺めも違って楽しいと思います。

団体行動の場合は、写真撮影モードに入りにくいんです。


見たものを出来るだけ奇麗に写真に収めるというか、感覚的に好きだった風景に対してシャッターを押すというのは、一人でいるのがベストです。


好きな場所で足を停めることができるし、好きなだけ時間をかけることも可能だし。



↑雪景色のサンタフェと言う意味では非常に奇麗だったと思います。

スピリチュアルな目的で旅をする場合も、団体行動と一人旅では内容が違ってきます。


団体には団体としてのダイナミクスがあり、一人旅で経験するものとは違ったものです。


どのみち、どのような旅であれ、その行程は全て生ものですから、その他の時とは比べにくいものだと思います。


そう言った意味では、過去の経験とあまり比べ過ぎない、期待を膨らませ過ぎないというのは大切です。



↑茶色い壁と空の青さを反射した雪の地面というのが美しかったです。



↑こちらはジョージア・オキーフを研究している建物。


一人の人間としてリサーチ・センターが出来てしまうほどの人物になってしまった画家というのは凄いと思います。



↑未術館の壁が奇麗でした。



↑こちらが美術館の入り口付近。


この美術館は非常に分かりにくい場所にあるというか、構えが地味すぎて、下手したら通り過ぎてしまうかも知れません・・・。


ジョージア・オキーフという画家のことを知らない人は非常に少ないと思いますが、一応オキーフについて書いてみます・・・・。




ジョージア・オキーフ

Georgia O'Keeffe 、1887年 11月15日 - 1986年 3月6日 )


ウィスコンシン州サンプレーリー近く生まれ。


20世紀のアメリカを代表する女性画家。


夫は写真家であり、ジャーナリストのアルフレッド・スティーグリッツ。


以下は英語版ウィキペディアから翻訳しました。


オキーフは1920年代からのアメリカの芸術史の中で重要な人物の一人にあげられます。


当時は稀だった女性画家として広範囲に渡って認められたのは、彼女独自の作風と技術的な貢献と共に、当時のアメリカの芸術的なスタイルの枠を挑戦的に押し広げたことです。


当時ヨーロッパから大多数の影響を受けていたアメリカの芸術的なスタイルの中で、逆にヨーロッパへと発信する中心的な役割を演じました。


その絶妙なタイミングの中で、彼女は数少ない女性の芸術家でありながら、認められた芸術家としての地位と世界的な影響力を確立し、芸術史の中での重要性を与えられてゆきます。



オキーフが好んで描いたものは、花や岩、貝殻、動物の骨などと自然の風景です。


彼女はそれらの描いた対象物を、強力な抽象的イメージに変えました。


元々は具象的に見えるはずの対象物は、彼女の感性によって抽象的な概念として置き換えられ、新しい姿で描かれています。



まるでいとも簡単にサクッと単純化された輪郭を通じて、その元々の姿かたちを全く別な印象に変換されて描き出されています。


そして彼女の使ったパレットの中の微妙な色彩は、画面の中で移行を繰り返しながら微細なトーンで変化しています。



ニューヨークタイムズの批評家ジェド・ペール氏は2004年に彼女の作品を以下のように評しています。


「大胆で密閉的、直接的に訴えかけてきて、気力を無くさせるほど冷静」。



ニューヨークを拠点にしていた彼女は、後に芸術的なインスピレーションをアメリカのニューメキシコ周辺で見つけました。


そして夫が他界した後の人生をサンタフェの近くにあるアーベキューという土地で送っています。



オキーフは好きな画家の一人に入りますが、この美術館に行くまで、オキーフという女性の詳細を知っていたわけではありません。


単純に、アメリカを代表する女性画家といったくらいの情報しか知りませんでした。


個人的には抽象画的な印象の強いオキーフよりも、更に後になって出て来た具象画の「ワイエス」の方がインパクトがあったんです。



この方の作品の多くは、具象的な部分を残しながらも、大部分が抽象的に表現されていることでしょう。


描かれた花は具象的でありながら、同時に抽象的な命を与えられているのです。


まるで心療内科で行われるテストのように、見る人によって感じるもの、見えるもの、訴えかけられてくるものが変化するのです。


もともとは花を描いた作品なのに、花というイメージを通り越しています。


彼女の作品の多くは非常にセクシャルな波動を感じさせるので、そう言った意