サンタフェ日記・2011


★サンタフェ1日目・2011/02/19


ニューメキシコ2日目は、風邪でゲホゲホしている神様ハンズと一緒に、二人で咳き込みながらアルバカーキのダウンタウンから列車に乗ってサンタフェに行って来ました。



サンタフェと言えば、随分昔にあるタレントさんがヌード写真を撮影して話題を浴びたという記憶があります・・・。

その他にサンタフェと言えば、女性画家のジョージア・オキーフが晩年になってニューヨークから移り住んで数々の作品を描いた街としても有名です。




こちらがサンタフェ行きの列車。



二階建てなんです。



しかも結構新しい列車で、何と列車内にはインターネットも使えるように出来ているし、電源までついている!



こちらは列車の二階から撮影したダウンタウンの駅。



お値段は往復で$8でした。

乗り込む前にチケットは何処で買うのかと係りの人に聞いたら、乗ってから係員の人が廻ってくるからと言われました。


言われた通りに先に乗り込んで席に座り、列車が出発してしばらくしたら係員のお姉さんがチケットを売りに来ました。


日本的な考えだと、列車に乗り込む前にチケットを買うというアイデアですから、知らないと混乱するかも知れません。



こちらが車窓から見たアルバカーキのダウンタウン。ホノルルのダウンタウンも小さいですけど、コッチの方が更に小さいと思いました。


Amtrak - ABQ

320 1st Street Southwest, City of Albuquerque Alvarado Transit CENTER, 

Albuquerque, NM

(505) 842-9650

amtrak.com


アルバカーキからサンタフェまでは約2時間。


11時前の列車に乗りましたから、向こうに着くのはお昼です。


早朝は8時30分発というのがあるのですが、その次の便に乗ったわけです。


サンタフェでゆっくり過ごしたい場合は、朝の便に乗るのが懸命でしょう。



サンタフェまでの間に停車する駅は5つくらいだったと思います。


この周辺に住んでいる方々は通勤や通学のために列車を使っているように見えました。


ホノルルも早くモノレールが開通して欲しいと思います。



車窓から見える風景というのは、そんなに代わり映えしない感じでしたが、一カ所だけ急に波動が強く変わる場所がありました。


確かネイティブ・インディアンの居留地の一つだったと思うのですが・・・。


あの場所はかなりのヒーリングスポットだと思います。



非常に珍しい寒波の中でしたから、あちらこちらに雪が積もっていました。


いつもは見れない風景を見れたわけですから、ある意味でラッキーだったのかも知れません・・・。

列車に乗っている時間は約2時間なのですが、そんなに長い感じはしませんでした。


なので2時間も乗っていたの?という変な感じです。


どこかで時間軸がねじれているのかも知れません・・・。


1時間くらいしか乗ってなかったような不思議な感じでした。



こちらはサンタフェの駅で写した何かの路線図。

アルバカーキからロズウェルまで列車で行けるのかと思って調べたら、列車は通ってなく、飛行機も飛んでいませんから、車で行くしかないようです・・・。



こちらはサンタフェの駅に着いた時の風景。


なんと列車の中にはK-9が登場していました。


麻薬捜査犬です。


さすがアメリカ・・・。


捕まった人はいなかったようなので、誰も麻薬を所持してなかったのでしょう・・・。


こういう体験を出来るのもアメリカ本土ならではなのかも・・・。

今突然のように思い出しましたが、サンタフェでヌード写真を撮影したのは宮沢りえさんではなかったでしょうか・・・・?



サンタフェの駅はとても小さな駅で、可愛い感じがしました。


都会という雰囲気は全く無し。


駅の中は小さな売店になっていて、その売店さえ田舎の雰囲気です。


別に格段にオシャレなわけでもなく、おいている商品もオシャレではありません。

神様ハンズはホっトチョコレートを買ったのですが、紙パック入りのホットチョコレートの粉を渡され、自分で給湯器からお湯をカップに入れて注ぎ込んで混ぜるという代物です。


たったの1ドルでしたから、そんなものでしょう。


この駅でスタバ並みのサービスを期待してはいけません。


友人が「サンタフェってリゾートでしょ?」と言っていましたが、ハッキリ言って、田舎です。

波動は? と聞かれたら、そんなに悪い感じはしませんでした。


とにかく寒波の中だったので、波動云々という部分が上手く働かない・・・。

これから風邪でゲホゲホの神様ハンズと一緒にサンタフェを徘徊です。

さて、サンタフェはリゾート地なのか???

Santa Fe Southern Railway

410 South Guadalupe Street, Santa Fe, NM

(505) 989-8600

sfsr.com


駅からダウンタウンまでそんなに遠く無いハズということで、歩いて行くことにしたのですが、そこから試練が待ち構えていました・・・。

駅でマップを手にいれておけば良かったのですが、あまりの寒さでそんなことを考えつかなかったんです。


神様ハンズは前に来たことあるから大丈夫であろうと踏んだのですが・・・。


駅から出て右に行くか、左に行くかという部分で、私は左だと思ったのですが、神様ハンズは右だと言います。


おまけに「アンタの言うことは信用できヘン!」とまで言われ・・・。


とにかくサンタフェ経験者の神様ハンズの言う通りに右に進んでも、一向にダウンタウンらしき風景に行き着くことはなく・・・。


歩いていたらホテルらしき建物を見つけたので、そこに入ってマップなり無料雑誌を手に入れることにしました。



この建物はホテルだったのですが、ホテルという看板が見つけにくいので、一体何なのか分からない人も多いのでは・・・。


中はやや薄暗く、ぱっと見はまぁまぁ高級なホテルなようでした・・・。



ホテルの玄関脇で見た風景が美しかったのでパチリ・・・。


これは雪景色だったから奇麗だったと思いますが、普通だったらどうでしょうね。


光りと影のコントラストが美しい部分は、ペルーのクスコに似ていると思います。



ホテルで手に入れたマップを頼りに紆余曲折しながらダウンタウンへ向かっていると、反対側から歩いて来る人がいたので、その方にどうやったらダウンタウンにあるプラザに行けるのか聞いたら、そのまま左に行きなさいと言われました。


やっぱり最初から左に行っていれば良かったわけですが、そんなのは後の祭りなので水に流し・・・。

サンタフェの街の中を歩いていて思ったのは、ここで働いている人たちは非常に親切です。

聞いてもないのに、道に迷ったのか聞いてくる。旅行者に親切な街という部分は好印象でした。



こういう川がありまして、これを渡った付近からダウンタウン的な風景が始まりました。


手にしていたのはギャラリーマップだったので、その地図の中にはギャラリーとレストランの名前しか掲載されてなく・・・・しかもマップに乗っているのは番号だけ・・・。


あんまり使い手のことを考えて制作されてないマップというのは使いにくいです。


サンタフェに行く際は、予め性能の高いマップをどこかで事前に手に入れるのが良いでしょう。



ダウンタウンの外側は、美しいという感じよりも、寂れかけた簡素なアメリカ的な雰囲気でした・・・。しかし雲一つない空の青さが、とても奇麗なので、赤煉瓦とか、茶褐色の建物が非常に美しく見えます。



ここいら辺から何となく良い感じに。一応は中西部に入ると思うので、西部劇的な感じと、メキシコ的な感じが合体した不思議な街というのが妥当かも・・・。



この建物の左側に横道がありまして。そこは壁画が美しいから行ってみなさいと通りすがりの美人のお姉さんに言われました・・・。



こういう壁画が描かれていまして・・・。



まぁ確かに他の横道に比べると奇麗な感じでした。



こちらがサンタフェ風の建築というのでしょうか・・・。土壁なのだと思いますが、一般的な木造建築やコンクリート建築と違って、鋭角的な角が無いので不思議な感じがします。


「角が立つ」という表現がありますが、建物や家具にしても、角が鋭角的に切れてない方が、生活する人にとっては良いんです。角の立っている家具やレイアウトは、そこに住む人の性格に角を立たせるのです。ものを買う時は、角が直角的に鋭利に切れてないものを選ぶのが懸命です。



こちらは何となく西部的というか、ニューオリンズ的というか・・・。



こういう建物が一杯あったのですが、あまりの寒さにサッサとどこかのレストランに入って暖をとりたかったので素通りです。



いやぁ寒さには建築美も負けてしまうということですね・・・・。

サンタフェで思い出しましたが、かのシャーリー・マクレーンもこの街に住んでいるんです・・・。


数年前にここに家を買ったんです。


丁度この時はマイアミへ講演会へ出かけているという情報でした。


運が良ければどこかでシャーリー・マクレーンに出会えるかもしれない街というのも魅力の一つかも知れません。



ホノルルやシアトル、ポートランドなどと比べると、かなり異質な風景です。 当然そこには異質な美があるので、日頃はお目に書かれない異質な美を撮影してみました。

こちらがプラザと呼ばれる街の中央にある広場を取り囲む建物の軒下で工芸品を売っていたネイティブの方々。

プラザと言われたらクスコの超巨大なアルマス・プラザというのが頭に残っているので、「プラザってこんなに小さいものなの???」と何となく変な感じでした・・・。



あちこちに積もっていた雪も、少しずつ溶け始めていました。



日の当たる場世には雪はなく、日陰に雪が残っているわけです。

当たり前か・・・?



こちらはプラザの中にあったメキシコ料理のレストラン。


とにかくどこかに入ってランチにしようと言うことで、何も考えずに入ったのですが・・・。



入ってから失敗したと思いました。

このレストランは何故か異次元でした。